【日本人の精神性を持った国】アゼルバイジャン

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です!

 

アゼルバイジャンは超親日国と言われています。しかも、アゼルバイジャン人の心と、日本人の心は、アイデンティティが似ているとも言われています。

実際、アメリカ人をはじめ欧米人は、日本人と考え方や価値観がまったく違います。私も、仕事でアメリカ人と何回も、何十回も、何百回も、仕事をしましたが、考え方や価値観の違いに何度も苦労しました。

画像出典:世界ガイド

 

例えば、型にはめた仕事はできるけど、臨機応変という言葉にとても弱いです。具体的には、トラブルの対応。日本人であれば仕事でトラブルがあれば早朝でも、夜中でも現地に飛んでいきます。ところが、欧米人になると、それはスタンダードな対応ではありません。トラブルがあっても、時間外は時間外。トラブルがあっても、テリトリー外の仕事はテリトリー外。日本人であれば時間外でも、テリトリー外でも、「どうしたの?トラブル?大丈夫?手伝おうか??」となりますが、欧米人はなかなかそうはいきません。

ところが、アゼルバイジャン人は、日本人のように協調性があったり、空気を読む習慣があります。超親日国ですし、日本人がビジネスをしたり、プライベートを過ごすにはとても恵まれた環境なのです。

 

 

また、治安が心配な方もいるでしょう。

安心してください!治安は大丈夫です!

バクーは東京よりも治安がいいと言う人もいるくらいです。

気になってきますね、アゼルバイジャンのこと。

これからもどんどんアゼルバイジャンを発信していきます。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。私も参加します。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆本日のブログは如何でしたか?ほんの一言でも感想を頂けると嬉しいです!

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]