商品さえあれば、海外進出は事業を拡大するチャンス!

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

 

アゼルバイジャンにメイド・イン・ジャパンを持っていきたい。

 

わたしは外国人とたくさんビジネスをしてきました。仕事を通じて彼らの意見を聞いてきました。日本に来れば食事に一緒に行くし、私が出張すれば現地のレストランに一緒に行く。

特に印象的なのが、アメリカ人を食事に連れて行ったとき。

私のビジネスパートナーがアメリカから日本に来たとき、散々彼をディナーに連れて行きました。そして、彼が出張から帰国する最終日。最後のディナーに誘いました。「ステーキにする?」「お寿司にする?」と。その問いに彼はこう答えました。「ラーメン(ヌードル)」。即答でラーメンと言う答えが返ってきました。理由を聞くと「1番美味しかった」と。僕はてっきり、ステーキやお寿司と言うものだと思っていました。ところが、ラーメンでした。

 

この時は、まだ20歳そこそこだった頃なので、まさかアメリカ人のニーズと私のシーズがこんなに乖離していることにビックリしました。この時に学びました。外国人には外国人の価値観があって、日本人のソレとは違うということを。だから、わたしは日本人と仕事をするときと、外国人と仕事をするときとではスタンスを変えています。

何が言いたいか というと、

アゼルバイジャンにメイド・イン・ジャパンを発信するにあたっては、アゼルバイジャン仕様に仕立てて、プロダクトや商品を展開することが大切です!と言いたいのです(アメリカ人に限らずですが)。

言い方を変えれば、日本では人気がなくても、世界では人気が出る可能性もあるわけです。その可能性にかけてみませんか?和食地酒EXPOに出品のご相談はこちらから↓↓↓

http://theproject365.com/?page_id=433

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆本日のブログは如何でしたか?ほんの一言でも感想を頂けると嬉しいです

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]