今すぐ決断を!アゼルバイジャンが有名になる前に。

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!

 アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

2025年の万博に、日本の大阪が立候補します。

”4月24日、日本は、博覧会国際事務局(BIE)に対し、2025年国際博覧会開催国への立候補表明文書を提出しました。2017年4月11日に「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマで、2025年国際博覧会の大阪誘致に向けて立候補すること等が閣議了解されました。


2017年4月24日に木寺昌人駐仏大使がBIEを訪問し、2025年国際博覧会開催国への立候補表明文書(内閣総理大臣書簡)をBIEのビセンテ・ゴンザレス・ロセルタレス事務局長に提出しました。なお、この場には、榊原定征2025日本万国博覧会誘致員会会長(日本経済団体連合会会長)及び松井一郎同会長代行(大阪府知事)が同行しました。”(出典:経済産業省HP)

1970年に行われた前回の大阪万博では6421万人の入場がありました。政府が掲げる訪日外国人旅行者の目標は2020年に4000万人/年です。2025年には当然、これ以上の目標が見込まれ、万博を日本で開催することは各種目標を達成する上で欠かせないイベントになります。

 

アゼルバイジャンで事業を始めるなら今年が最後

大阪のライバルは強者揃いです。パリ、ロシア(エカテリンブルク)、そしてアゼルバイジャン(バクー)です。

もし、アゼルバイジャンで万博の開催が決まれば、アゼルバイジャンの知名度は格段にあがります。そうなれば、現在のようなブルーオーシャンの市場は、たちまちレッドオーシャンになる可能性さえあります。

故に、アゼルバイジャンにビジネスで攻め込むなら今が最後のチャンスかもしれません。

私は10月にアゼルバイジャンで行われる和食地酒EXPOに参加してきます。日本の中小零細企業を元気にするために、そして地方を元気にするために日本中から商品を仕入れます。現地で興味を示したアゼルバイジャンの企業と商談もしてきます。これからの日本の元気の”きっかけ”を作ってきます。

読者の中でアゼルバイジャンに興味がある方は下記のURLもチェックしてみてください。http://theproject365.com/?page_id=433

私たちにあなたの自慢の商品を託してみませんか?私があなたの商品の代理店となって、アゼルバイジャンで商品を売ってきます。テストマーケティングという感覚でお気軽にお声掛けください。お問い合わせは下記のリンクです。http://theproject365.com/?page_id=433

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆本日のブログは如何でしたか?ほんの一言でも感想を頂けると嬉しいです

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]