憧れの「大谷由里子さん・石田和靖さん・アゼルバイジャンさん」/メイドインジャパンを持って、アゼルバイジャンに進出しよう!

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!

 アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

私がアゼルバイジャンに興味を持ったのは、石田和靖さん(越境会会長)に出会ったからです。

その、石田さんとの出会いのきっかけになったのが、私の恩師 大谷由里子さんです。

振返れば、2016年2月、仕事で大阪に行く予定がありました。丁度、その週末に大谷由里子さんの新春講演会がありました。「めっちゃ行きたい」そう思いました。

私はその頃、「しゃべる」ことで自分の想いを伝える仕事をしたい、と思っており、まだ見ぬ大谷由里子さんにお会いすることを楽しみにしていました。

ところが、その仕事が流れてしまったため、大阪行きはキャンセル。大谷由里子さんとは会えませんでした。

それから、3カ月が過ぎた5月のある日。心友のフェイスブック投稿を見たら、心友が大谷由里子さんとツーショットで写真に写っていました。

「えー!」

この投稿を見た瞬間に、私の消えそうになっていた「大谷由里子さんに会いたい」という想いが再燃しました。

  ←憧れの大谷由里子さん

すぐに大谷由里子さんが所属する志縁塾のホームページにアクセスしました。すると、「講師オーディション」なるものがホームページに載っていました。講師オーディションと言えば、伝説の”スター講師登竜門”(公式サイト:https://akoshi.com/)。ただ、この時の私は講師オーディションの偉大さをまったく知らずにいました。

講師オーディションに興味のなかった私は、とにかく大谷由里子さんにお会いしたいと、近く予定されている別のセミナーを探しました。

然し、結局見つからず「講師オーディションの対策講座」に参加することにしました。この講座は、講師オーディションの予選参加者が腕を磨くために設けられた対策講座でした。講師オーディションには興味はないけど…大谷由里子さんの講座を受けたかったので「対策講座」に申し込むことにしました。

7月、はじめての大谷由里子さんの講座の日。自宅から湘南新宿ラインに揺られること1時間。東京駅に着きました。

憧れの人との初めての出会い。初デートのように緊張していました。

東京駅八重洲中央改札を出て、そのまま真っ直ぐ進み、歩くこと10分。右手側にあるビルの対策講座会場のドアを開きました。

 ←アットビジネスセンター東京駅

そこには憧れの大谷由里子さんがいました。感動しました。

「大谷由里子さん!!!」

さっそく、ご挨拶をさせて頂き、ツーショット写真にも快く応じてくださいました。その時の写真がこちらです。私の宝物。

講座がはじまるとのっけから、

「1人ずつ自己紹介してね。1人3分」と大谷由里子さん。

「えー!」と私。いきなりこんなことになるとは想定もしていませんでした。前に出て3分間話しました。私は何を思ったか自己紹介で「ミッキーが好き」とか言ってました(笑)

その日は、丸々一日「講師とは何か?」「ネタ作りとは何か?」を教えて頂き、そして3回くらいネタ作りをしました。

その日から大谷由里子さんのフェイスブックを見るのが私の日課になり、そこに登場したのが石田和靖さんでした。確か、2017年2月だったと思います。

その日、石田和靖さんと大谷由里子さんは一緒に、鳥取で講演されていました。その時の大谷由里子さんの投稿を見ました。そして、大谷由里子さんの投稿を読むと「アゼルバイジャン行きます!」と書いてありました。

「石田和靖さん?アゼルバイジャン?行く?」「アゼルバイジャンって場所なのか?人なのか?」(←この時はこんな感じでした。でも何かすごい魅力を感じてました)

←アゼルバイジャンってこんな感じかな?

「由里子先生が行く、って言ってるから、俺も行くぞ」「行ったらアゼルバイジャンに会えるぞ!」と思っていました。

 

フェイスブックを閉じて、すぐに検索。ググりました。そして、大谷由里子さんのコメントを見て、謎の「アゼルバイジャンに近づくため」に石田和靖さんが会長を務める越境会に即入会しました。

このとき、アゼルバイジャンが「国」だということを知りました。

同時にAmazonnで「越境せよ!」を購入しました。数日して「越境せよ!」が届いて、読み始めたら…「めっちゃ面白い!」(←みなさん、ぜひ1度読んでみてください)。そして、私は憧れました。1人で海外に行き、政府や現地の大企業トップと人脈を構築し、ビジネスを作ってくる石田和靖さん。時には大統領にも会ってくる石田さん。一人で、しかも自分の看板で、海外のトップと関係をつくる石田和靖さんに憧れました。

その日から一気に「海外が好き」になりました。今まで何度も海外出張を経験し、然しそれがとてもイヤだった私。栄転の米国出向すら断った私。日本で頑張ろう!と思ってましたが、その考え方を改めました。

ですが、この一冊の本との出会いで海外に興味が湧いてしまいました。と、同時に改めて「ダイナミズムのある仕事がしたい」と思いました。

今の仕事も相当、ダイナミズムがあるのですが、石田和靖さんの魅力は「1人でもダイナミズム」なところです。フロンティアだし、冒険家。

誰よりも先にドバイに行き、誰も行かない秘境に行くお方。熱いしカッコいい。まだお会いしたことがないのに、惚れ込んでしまいました。

←左側が石田さん。右側は中国の偉い人

その1ヶ月後、いよいよ石田和靖さんにお会いできる日が来ました。私は、海外について熱く語る石田さんにぐんぐん引き込まれ、気づいた頃には海外に、そしてアゼルバイジャンに強烈に憧れていました。

私は、大谷由里子さんに出会い、そして石田和靖さんに出会い、ハートに火が点きました!20年ぶりに、本当のワクワク感に出会えました。

20年前は甲子園出場を狙って、毎日がワクワクしていました。

毎日が熱く、辛く、必死でしたが、それがたまらなく楽しかったのを覚えています。私は今、アゼルバイジャンで行われる和食地酒EXPOにワクワクしています。ようやく、20年ぶりに本当のワクワクに出会えました。

日本にある小さな会社のお役に立ちたいです。

 

アゼルバイジャンの紹介&和食地酒EXPOの紹介はこちら

和食地酒EXPOに出品をしたい方はこちらをチェックしてください !

 

和食地酒EXPO公式ページはこちら

和食地酒EXPOに出店をしたい方はこちらをチェックしてください!

 

講師業界の”M-1グランプリ” 講師オーディション公式ページはこちら

こちらも盛り上げていきます!!

 

 

私の、第二の青春がスタートしました!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]