震災で被害に合われた方の希望のために

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!

 アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

 

例えば、東日本大震災で原発から漏れた放射能が日本に対するネガティブなイメージを作りました。そのイメージは、いまだに払拭されず、日本から海外に商品などを輸出すると厳重なる放射能検査を強いる国もあります。

それが農作物なら尚更です。

このような背景があり、東北の復興意欲に対する海外の視線は冷ややかなものです。

一方で、「日本で生産されて流通されていることが安全の証」だと言ってくれる国もあります。

有り難いことです。このような言葉を聞くと、「人と人、国と国は、支え合うことが大切だよね」って思います。ビジネスでパートナーを選ぶなら、スキルや技術、資本力以上に、このようなところをポイントに見ます。実際、私は1兆円の取引をしてきましたが、これを何よりも重視していました。

 

アゼルバイジャン

 

この国がまさにそれ。

 

和食地酒エキスポの実行委員長である石田和靖氏宛に、(アゼルバイジャン共和国政府の)ヘイダルアリエフ国際空港バクー関税から以下のような通知を頂きました。

 

相手のことを真剣に想ってしてくれる行動というのは温かく、有り難いものです。

親日国であるアゼルバイジャンの優しさに感謝しながら、恩返しとして東北から最高の商品を届けたい!

被災した山陰から最高の商品を届けたい!熊本から最高の商品を届けたい!と思っています。読者の皆様のお力添え頂ければ嬉しいです!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]