アゼルバイジャンに進出させたい商品とは。

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

アゼルバイジャンでは何が売れるか分からないけど、「日本のものならなんでも売れる」という人さえいます。

さすがに「そんなことはないだろう」と思いつつも、期待してしまう。アゼルバイジャンにはヨーロッパの製品はたくさん輸入されている。然し、日本のものは少ない。故に「日本のものならなんでも売れる」と言う人が現れるわけだが、そこで大事になってくるのは「日本らしくて、日本が誇るもの」なのです。

そこで以下の商品を考えてみた。

 

◎文房具(WITHアニメ)

日本の文房具のクオリティは凄まじく高い。私の知り合いのアメリカ人は私に”日本の文房具を送る”ように要求してくる。アメリカ(地方)には売っていないそうだ。そこでアゼルバイジャンでも面白いと思った次第である。

 

商売繁盛の熊手

この熊手はただの熊手ではない。両津勘吉がいるんです。この熊手もWITHアニメなんです。しかも、金色。

この商品は外国人が好きと言われる「アニメ×ゴールド×日本文化」の3つがコラボした商品である。これは売れる自信がある。

 

封筒

扇子も写っておりますが、私が売れると思ったのは右側のお祝い用の封筒です。世界的に見ても、これだけオシャレで品のいい封筒は珍しいと思う。海外では売られていない代物だけに希少性が高いと考える。

 

飴細工

飴細工アメシンさん。これはもはや芸術です。持っていきたいが道中で尻尾が折れないか心配である。荷姿も意外にかさばりそう。持って行ったら売れると思う。アメシンさん、これをアゼルバイジャンで売ってみませんか?

 

今回は4点紹介をさせていただきました。

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]