アゼルバイジャンのスーパーマーケットと物価

【アゼルバイジャン現地レポ】

 

今週はアゼルバイジャンで行われる和食地酒エキスポの実行委員が現地視察に飛んでいます。手に本を持っているのが実行委員長の石田和靖さん。

そこで、いろいろな現地レポが届いており、その一部をご紹介します。

現地ではスーパーマーケットの視察が行われました。

私のもとに届いた情報によると、

たばこの価格は1/5、おむつや、オリーブオイルも日本の価格に比べたら相当安い。バスにいたっては、14円(0.2マナト)でどこまでも行ける。

というもの。もちろん、これ以外の食材やトイレタリー商品も安い。賃金の差が影響している面はあるが、裏を返せば、経済の発展がまだまだ見込めるわけなので、楽しみしかない。

スーパーマーケットのクオリティは、欧米のスーパーマーケット並みに陳列技術が高い。商品の品揃えも豊富で、日常生活を送る上での不満は一切ないように見受けられる。一方で、日本の製品はまだまだ少ない印象。これは日本の商品が入り込む余地は十分あることを示しており、ファーストペンギン理論にもとづいて、多くの企業や実業家の参戦を期待したい。

もちろん、お問い合わせや質問事項があれば気軽に問い合わせフォームから確認ください。

チャンスの女神は前髪しかありません。通り過ぎてしまえば、後ろはハゲてます。ぜひ、チャンスを手に入れてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます

****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。一兆円バイヤーである私も、日本で商品を仕入れてアゼルバイジャンに持っていきます。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆私のFacebookはこちら

お友達申請受け付けております!まずはチェックしてみてください!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

◆姉妹ブログ「つくっていいとも!」もチェックしてみてください

大企業やシリコンバレーで実践されている商品企画の手法を公開しています!

http://ameblo.jp/monodukuri-japan/

◆発行責任者     飯塚裕司

[`evernote` not found]