今後は「観光」と「運輸」です!

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

 

アゼルバイジャンでは、カスピ海油田開発の成功により、アゼルバイジャンの貧困率は01年の49%から15年には5%に低下しました(日本は2016年は3.1%でした)。

しかし、2014年以降の原油価格の暴落でアゼルバイジャン経済は深刻な打撃を受け、16年は石油ブーム以来、初めてマイナス成長に転落する見通しとなっています。

故に、アゼルバイジャンでは今後は経済の多角化を進め、石油以外のセクターを経済成長のエンジンにしなければならない、という気運が高まっている。

いよいよ、”ポスト石油の時代”が始まりました。

 

ポスト石油は「観光」と「運輸」

アゼルバイジャン経済産業省のジャマラディン局長が、ポスト石油に挙げたのは「観光」と「運輸」でした。

早速、動きだしているのが観光。中東や日本からの観光客には、国際空港で簡単にビザが取れるように改善が図られました。これによって、中東からの旅行客数は昨年比の約8倍に急増するとの見解が示されています。

昨年はF1も開催されました。

 

次いで運輸。現在、バクーからジョージアのトビリシを経由してトルコ東部カルスまでの鉄道建設が進んでいます。カルスでトルコの鉄道網につながれば、欧州まで鉄道で結ばれることになります。

もともとバクーはラクダの隊商が行き交っていたシルクロードの要衝でした。当時の古都や拝火教寺院も残っており、観光資源は豊富。中東諸国の観光客はこれまで主にトルコを訪れていたが、トルコでのテロ頻発やクーデター騒ぎに伴う治安悪化の影響でアゼルバイジャンに流れてきていようです。

平和な世界を創りたいものです!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。****************************************************************************************

◆10月27日(金)〜28日(土)の二日間、「アゼルバイジャン和食EXPO 2017」が開催されます(@アゼルバイジャンバクービジネスセンター)。私も参加します。ご興味がある企業様は、お問合せフォームからご連絡ください。

お問合せ事例)

・自社商品を和食EXPOで販売してもらうことは可能でしょうか? → Yes

・海外進出に備え、テストマーケティングをお願いできますか? → Yes

・アゼルバイジャンの企業に商品の売込みをかけて頂けますか? → Yes

・詳しく聞いてみたい、相談したい → Yes

◆本日のブログは如何でしたか?ほんの一言でも感想を頂けると嬉しいです!

◆発行責任者     飯塚裕司

【日本人の精神性を持った国】アゼルバイジャン

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です!

 

アゼルバイジャンは超親日国と言われています。しかも、アゼルバイジャン人の心と、日本人の心は、アイデンティティが似ているとも言われています。

実際、アメリカ人をはじめ欧米人は、日本人と考え方や価値観がまったく違います。私も、仕事でアメリカ人と何回も、何十回も、何百回も、仕事をしましたが、考え方や価値観の違いに何度も苦労しました。

続きを読む →

日本とアゼルバイジャン、関係強化

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

最近、メディアでもアゼルバイジャンが取り上げられることが増えてきました。嬉しいと同時に、メディアで取り上げられる機会が増えると、ライバルも増えてしまうのではないかとソワソワしています。これまでに、「未来世紀ジパング(テレビ東京)」や「世界の街道をゆく(テレビ朝日)」などで取り上げられていますし、日経新聞などでもたびたび記事が載ります。せっかく、これまでブルーオーシャン市場だったのにライバルが増えると困るなぁ、と率直に思うことがあります。

続きを読む →

アゼルバイジャンのヨーグルトを使った健康食「ナスのロール」

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

今回のブログでは、アゼルバイジャンの”ヨーグルトを使った家庭料理”についてお話したいと思います。日本では健康食品として、ヨーグルトを食べる人が多いですね。特に乳酸菌。今は右を見ても左を見ても、チョコレートにも、クッキーにも乳酸菌を加えた商品がたくさん販売されていますが、その元祖がヨーグルトでした。

続きを読む →

【あと数年が勝負】このチャンスは逃さない@アゼルバイジャン

「アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

 

最近、暇さえあればYahoo!やGoogleで「アゼルバイジャン」を検索しています。しかし、なかなか面白そうな記事に出会えない。

検索して出てくるのは、

①場所ネタ、②エネルギーネタ、③人工島ネタです。”自己紹介感”のある記事が多く、これを読んでいると「まだ日本とアゼルバイジャンの繋がりは深くないんだなぁ」と感じます。しかし、アゼルバイジャンは第二のドバイと呼ばれるほど将来性豊かなので、日本の企業もこれからどんどんアゼルバイジャンに進出する企業が増えていくと思います。

続きを読む →