お寿司は日本の重要文化!アゼルバイジャンで売りたいアイテムの1つ

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

 

アゼルバイジャンのことを考えていると、ウインドウショッピングも楽しいです。僕は自動車関係のバイヤーだったので、調達する際に気をつけていたのは、相手の会社の経営や体制、それと品質レベル、工場のオペレーションの実力などです。ところが、小売をやる場合は、仕入れ方も違ってくるので、先述のポイントに加えて、外国人の好みや、デザインなども含めて市場調査をしています。

ということで、今回も面白い商品を見つけてきました。

続きを読む →

気になっている中川政七商店/商品選定中です

『あなたの商品を持って海外の販路開拓に挑戦します!

 アゼルバイジャン向け専門の輸出代理店』代表の飯塚です。

 

 

日本人にとって興味深く、そして外国人が見ても面白いものが揃っているお店店「中川政七商店」。然し、このお店自身がブランディングまで手掛けているので、単価が高い。ここから仕入て海外に輸出するには工夫が必要です。私の仕入ポリシーは、“まだ眠っている宝を見つけ出す“こと。これこそがバイヤーの「腕」です。いや、「目」です。

続きを読む →

モノを目利きする才能は、目ではなく耳に宿る!

「海外進出なら中東!アゼルバイジャンでビジネスを起こす」編集長の飯塚です。

私はバイヤーです。自分の目利きで良い商品、良いお取引先を選定してきました。取引累計額は1兆円以上です。もちろん、良い商品を見分けるツボがあります。そのために大事にしていることは、「ヒアリング」と「現場現物」です。プレゼンテーションよりもヒアリングを重視します。今回のアゼルバイジャンで行われる和食地酒EXPOの商品も、ヒアリングと現場現物で商品の仕入れを行っていきます(和食EXPOの詳細はこちら

続きを読む →